車のへこみ修理 広島 デントリペア 中村企画

車のへこみ修理 広島 デントリペア 中村企画

開業24年の実績 デントリペア 中村企画です。問合せをお待ちしております。

クルマのエクボをキレイに直します

施工前 施工後

 

あなたの大切なクルマに、いつの間にか小さなヘコミが! 直したいけど、むやみに板金塗装はしたくない!でも…

 

安くて・早くて・きれいに直したい

 

 

そんな時は、デントリペアサービスの中村企画にお問い合わせください。
中村企画は、出張修理専門店です。広島・山口・岡山に出張します。
新車補修はもちろん、国産車・輸入車を問わず、お客さまの大切なクルマをキレイに直します。

 

デントリペアのメリット・豆知識について

デントリペアは、正式名称「ペイントレスデントリペア」という自動車の外装修理テクニックの一つです。なんらかの理由でできてしまった凹みを、板金塗装を行わずに裏側から押し出すことで修理します。デントリペアは、海外では古くから行われているのですが、日本に初めて上陸したのは20年ほど前のこと。修復歴には該当しないことが多く、板金塗装よりもスピーディーに、そして安く修理ができることから、近年では日本でもデントリペア専門の職人やショップが増加しています。
デントリペアは、東京を含む関東の一部に雹が降った際に大きな注目を浴びました。雹が東京を襲うことはとてもまれなことでしたが、地球温暖化が進行し、これまでよりも強力な台風や竜巻、ゲリラ豪雨などが頻繁に発生していることからみても、さらなる雹害が発生することは十分に考えられます。デントリペアは凹みならなんでも修理できるという修理法ではありませんが、そのメリットや知識を知っておけば、確実に得をします。ここからは、比較的新しい自動車ボディの修復方法であるデントリペアについてご紹介していきます。

デントリペアの特徴

デントリペアは、塗装にダメージのない凹みの修復に有効です。すでにご紹介したとおり、基本的にこのような修復は修復歴として残ることがないため、車の価値を落とすことはありません。デントリペアは出張修理となりますので、ツールを使うための電源が必要です。作業時間は長くても1時間程度、5分で作業が終わってしまう場合もあります。車をとても手軽に、きれいに修復することができて、なおかつ工賃もリーズナブルなので、小さな凹みをそのままにして乗っている方は、塗装が傷んでいない今のうちに修理するのがお得です。

デントリペアのメリット

これまで、自動車の外装修理は、板金塗装で行うことが普通でした。しかし実際は、板金塗装やパーツそのものの交換を行わなくても、凹み程度であれば修復することが可能…それがデントリペアなのです。デントリペアは、これまでの外装修復作業にはないメリットを持っています。

リーズナブルな工賃

板金塗装で修復するとなると、最低でも4〜5万円程度の出費は覚悟しなければなりませんが、デントリペアなら、多くの場合、それよりもリーズナブルな価格で修復することが可能。あくまでも目安ですが、半分以下の価格で修復することが可能です。板金塗装での修復は、手間と時間がかかるため、どうしてもそれなりの工賃がかかってしまいます。一方、デントリペアは、塗装をそのまま使用しているので塗料にお金がかかることはありません。デントリペアでは特殊な工具を使用しますが、「使える部分はなるべく使う」というスタイルで仕事をするので、工賃を抑えることができるのです。もちろん、複雑な形状の凹みや、面積の大きい凹みの修理は、デントリペアでは対応できない場合もあります。

スピーディーな修理

デントリペアによる凹みの修復は、スピーディーさが特徴です。板金塗装のプロセスでもっとも時間がかかるのは、塗装に関わる仕事です。塗料を塗ることは、それだけでも時間がかかりますが、乾燥や仕上げにもかなりの時間を必要とします。デントリペアには塗装のプロセスがないので、その分、修理をスピーディーに終わらせることが可能です。デントリペアの修理は、通常、5分から1時間程度で終了します。

下地を使わないので色あせやパテやせしない

デントリペアでは、パテなどを使うことがないので、修復箇所が色あせやパテやせして周囲と異なる色合いになってしまうことはありません。デントリペアで修復した箇所の近くに新たな凹みができてしまったとしても、そのまま修復することが可能。デントリペアにより修復した箇所に新たな凹みができても、パネルやオリジナル塗料に問題がない限りは、そのまま修復することが可能です。

車の価値が下がらない

デントリペアは、元々の塗装を利用した凹みの修復方法。修理痕が残ることはありませんので、下取り査定などの際にもチェックが入らず、車の価値に影響することがありません。積雪や雹害によりできてしまった凹みに関しても、その痕跡が残らないように修復ができれば、事故や修復の履歴にはなりません。それがたとえばルーフなどの大きなパネルであったとしても、デントリペアでの修復ができれば、車の価値をそのままに、元のきれいな外観を取り戻すことが可能です。

人や環境にやさしい修理方法

板金塗装では、塗料や有機溶剤を使用しますが、デントリペアでは、塗料やパテ、有機溶剤などを使うことがないので、ガスや粉塵を発生させることがありません。そのため、人や環境にやさしい修理方法だといえるでしょう。

デントリペアではできないこと

デントリペアは、コストがあまりかからず、スピーディー、しかも車の価値を落とさないというメリットの多い凹みの修復方法ですが、すべての凹みに対応できるわけではありません。ここからはデメリットというよりは、デントリペアでは対応ができない事例についてご紹介していきます。

塗装にダメージがある場合

デントリペアは、オリジナルの塗装を利用して修復するため、塗装にダメージがあると元の状態に戻すことはできません。正確には、凹みは修復することができても、塗装のダメージはそのまま残るということです。塗装に欠けやヒビ、剥がれなどのダメージがある場合は、別途タッチペンなどで修復する必要がありますが、完璧な方法ではないので、査定の際はマイナスに評価される可能性が高くなります。

樹脂パーツは完璧には直せない

自動車には樹脂パーツが使われている箇所があります。代表的なのはバンパー。昔の自動車のバンパーには金属が使われていましたが、最近の自動車のバンパーはほとんどが樹脂製です。樹脂製のパーツは、裏側から押すことである程度、凹みを修復することができますが、金属系パーツのように元の状態に戻すことは不可能です。樹脂にはやわらかさがあるため、無理に力を加えてしまうと塗装にダメージを与えてしまうこともあります。樹脂パーツの凹みでも、きれいに直せる場合もありますが、基本的にはほかの修理方法を選択することになるでしょう。

延びすぎてしまった凹みは直せない

凹みでも、鉄板が限界以上にまで延びてしまい、反発力が弱まってしまうと元の状態に完璧に戻すことは難しくなります。無理に直しても、結局は凹みと出っ張りを繰り返すような状態になるだけです。このような凹みを元の状態に戻す場合は、熱を加える必要がありますが、この際に塗装面が傷んでしまうのが問題。デントリペアは、限界以上に延びていない鉄板の修復に適したメソッドなのです。

ツールが届かない場所の凹みは直せない

デントリペアでは、特殊な工具を使って凹みを修復しますが、この工具が届かない場所にある凹みは直すことができません。これはデントリペアが、裏側から押すスタイルの修理方法だからです。工具が届かない場所は、プーリングという表側から引っ張るスタイルの修理方法で直すことが可能ですが、突起物などを原因とする凹みの場合、プーリングで直すことができない場合もあります。

鉄板が重なっている場所

デントリペアは、パネルの裏側から力を加えて、元の状態に戻すための修理です。しかし、自動車にはパネルを重ねて配置している場所もあるので、このような場所の表側にできてしまった凹みは完璧に直すことができません。かなり違和感なく直せることもありますが、このあたりはケースバイケースです。
デントリペアは、このように凹みならどこでも使えるという万能な修復方法ではありません。凹みの度合いや場所、材質などに合わせて適切な修理方法を選ぶ必要があります。その判断については、実際の凹みを見てみないとなんともいえない場合もありますので、凹み修理をお考えの際は、まずはお近くのデントリペア専門ショップに問い合わせてみることをおすすめします。

デントリペアについての豆知識

自動車好きの方々の中には、すでにデントリペアという言葉を耳にしたことがある方もいらっしゃると思います。すでに少し触れましたが、デントリペアは、海外では以前から使われているごく一般的な凹みの修復メソッドです。早く、安く、美しく、そして人や環境にもやさしい修復メソッドは、1990年代に日本に上陸しました。その後は自動車業界内ではよく知られる方法となり、デントリペアの技術を持つ工場には、ディーラーからの依頼が増加。インターネットによる情報の拡散もあって、最近では個人のカーオーナーにも知られる存在になったというわけです。

車を持ち込む必要がないという手軽さ

デントリペアは、特殊な工具を使用して凹みを修復しますが、その工具は持ち運びしやすいことが特徴。つまり、出張による修復作業がメインなのです。車を修理工場に持ち込む手間がないという手軽さが、多くの人に注目されている理由でもあります。

デントリペア職人の数はまだまだ少ない

日本にも浸透し始めたデントリペアですが、職人の数はまだまだ少なく、約500人というのが現状です。海外ではメジャーな凹みの修復方法であるため、職人の数も多く、その技術を競い合う大会も開催されている程なのですが、日本においてはまだまだこれから。現在、デントリペア職人を養成するスクールもあり、職人の数が増えていけば、自動車業界において、ますます注目されるようになるのではないでしょうか。

デントリペアか板金塗装か?

これは一般の方にはなかなか判断が難しいところです。デントリペアは、塗装にダメージがないことが元の美しい状態に、安く、素早く戻す条件ですが、凹みはデントリペアで直して、塗装に少し手を加えるという修復方法もあります。もちろん、こうすると下取り時に影響する可能性はありますが、板金を考える前に、デントリペアが可能かどうかの問い合わせをしておく価値はあります。信頼できるショップであれば、修理方法について正しいアドバイスをしてくれるはず。デントリペアで直せるのであれば、費用をグッと抑えることが可能です。

デントリペアと板金塗装を比較

自動車の凹みを直す主要な方法であるデントリペアと板金塗装。この2つのメソッドを、クオリティや価格などの面で比較してみましょう。

・クオリティ
デントリペアでは、塗装にダメージがなければ、その凹みを戻すことで修復箇所を特定することが困難なくらいに完璧に修復することが可能です。一方の板金塗装ですが、パテ成形と塗装をしなければならないため、元の色合いとは雰囲気が異なる場合もあります。このあたりの仕上げのクオリティに関しては、職人さんの腕に左右されるといっていいでしょう。
・修理費用
デントリペアでは、オリジナルの塗装をそのまま利用するため、板金塗装でかかる塗料などの費用がありません。それを考えただけでも、デントリペアがコストパフォーマンスに優れた修復方法であることはわかっていただけるのではないでしょうか。板金塗装をする場合と価格を単純に比較すると、デントリペアの修理費用は1/2から1/4程度になることが多いようです。
・修理にかかる時間
これは費用と同様で、塗装に関わるステップがある板金塗装は、修理に時間がかかります。デントリペアの場合は長くても1時間程度なので、その違いは歴然です。
・修理ができるかどうか
修理ができるかどうかに関しては、デントリペアの場合は条件を選びます。すでにご説明しているので詳細は避けますが、オリジナルの塗装にダメージがないことが条件。一方の板金塗装ですが、塗装が前提の修復なので、パネルの交換や成型まで、さまざまな方法により修復が行えます。修復のバリエーションが豊富なので、余程のことがない限り、板金塗装で修復できない凹みはないと考えられます。ただ、職人の力量が仕上げに影響する可能性は否定できません。

デントリペアは、近年、日本でも注目度が上昇している自動車の凹みを修復するメソッドです。出張による修復作業がメインなので、家に居ながらにして修理が終わるという便利さも魅力です。広島、山口、岡山で愛車の凹みを気にされている方は、まずは中村企画までご連絡ください。あきらめていたその凹みは、デントリペアで直せるかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ
デントリペア 4つの良さ 施工例 料金 出張エリア スケジュール 問い合わせ